旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

衝撃…50年かけて人間が”減らした”動物の数

   


信じられない…

「人間の世界で2世代も経たないうちに、脊椎動物の数が半減」

詳細に見て、特に減少幅の大きなものが…

湿地や湖、河川では影響が最も顕著で、81%の減少を記録

5匹いたところに、今や1匹のみ。

気候別では熱帯に生息する種が63%減少し、特に中南米の減少率は83%に達した

動物別に見てみると、さらに短期間でもっと減っている種類も。

個別の種ではゾウが過去10年間で5分の1に減ったほか、サメやエイの仲間も3分の1が絶滅の危機

1995年に1万6900頭と推定されたグラウアーゴリラの数は、2011~2015年の調査では、わずか3800頭と推定され、77%の減少

1980年に約20億羽いたはずの鳥たちが、2009年には約16億羽ほどに減少

割合で言えば2割減だけど、「4億羽」減ったという事実…

「間違いなく人類の影響によるものであり、新たな大量絶滅の時代に入ったと言わざるを得ない」

理由は、もちろん…

世界の人々が消費する自然資源の量が地球の年間生産能力をはるかに上回っている

日本はさらに、そのほぼ2倍のペースで資源を使ってる。。

世界中の人が日本人と同じ暮らしをした場合、一年間に必要とされる資源の量は、地球2.9個分

地球が3個あってようやくトントン…

地球環境の「債務国」か「債権国」かが可視化されたマップ「Global Footprint Network」 gigaz.in/2aTtf2V pic.twitter.com/XYUBElVKt2

地図上の赤く塗られた国は、地球資源を使いすぎている「債務国」で、緑は資源をあまり使っていない「債権国」。日本は真っ赤。

「全動物の半分を我々人間が殺してしまった。この人間の消費による殺戮にたいして一刻も早く行動を起こすべきだ」

でもまさか、人間のせいで動物が半分も減っていたなんて…

生物の多様性は健康な森、河川、海の基礎を形成する

結局、人間にもしっぺ返しがくるわけですけど。。

しかも。

70~08年に28%減少したとしていた。野生動物の減少のペースが年々速まっている

地球上の野生動物の数は2020年までに現在の3分の2に激減する可能性がある

あと4年足らずで地球上の30%の動物が消える可能性…

壮大すぎてなかなか実感のわきづらい話だけど、なんとかしなきゃ。

「原因が分かっているし、人間が野生動物に与えている影響の大きさも分かっている。行動するかどうかは私たちにかかっている」

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE