旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

美しすぎる水道水!?学生がデザインした「Swirl」とは

   


学生がデザインした「Swirl」とは

「Swirl」は「渦を巻く」、「ぐるぐる回る」という意味です。こちらはロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生でデザイナーのSimin Qiuさんがデザインした蛇口「Swirl」です。

螺旋状に回転する”幾何学模様”のような流れに思わず見とれてしまいそうな、この蛇口のデザイン。

渦を作り出すことで、継続されていく命の繋がり、その命に欠かせない水を表現しているという。

”デザイン界におけるオスカー賞”と言われる、iF Design Award 2014のデザインコンセプト賞を受賞しています。

iFデザインアワードとは

主に工業製品を対象にしたもので、過去には日本車のレクサスやリコーのデジタルカメラが受賞を果たしている。

製品化も視野に入れたデザイン賞なので、近い将来、こうした水流の形が変えられる蛇口が当たり前になるのかも!?

水流を生む秘密

美しい水流を生む秘密は、蛇口内の特殊な構造によるもので、2つのタービンを通して水を送ることにより可能になります。

そのため、内部構造はこのように複雑になっています。
パッキンの交換難易度が格段に上がりそうですね。

水流は、実は3タイプも選ぶことができ、どれも美しく特徴のある形状をしています。
これだけ美しいと、どのノズルにしようか迷ってしまいそうです。

節水効果も


Photo by Martin Barraud / OJO Images

トップのボタンで水流の形を変えられるのだが、流線型にすることで通常よりも15%の節水にもなるのだとか。

商品化の時期は


Photo by Visage / Stockbyte

今までの蛇口の概念を覆す、とても素敵な新しい蛇口ですね。
ちなみに、現在はまだコンセプト段階とのことで、商品化の目処はたっていないとのこと。

専門家によれば、流水のコントロールは難しいという見方もあるが、Simin Qiu氏は原理的に可能であると考えており、製品の実用化を目指していく。発売前から話題のこの製品、今後の行方に注目が集まる。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE