旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

怖すぎ…。高熱が出ない「隠れインフル」が増えている

   


「高熱」にならないインフルエンザがある

インフルエンザは、成人の2割、そして高齢者の5割は38度以上まで熱が出ない

『予防接種』で熱だけ抑えられてるケースも

熱だけはワクチンで抑える事ができたが、ウィルスは体の中で増殖していて全身症状が出ているケースがある

予防接種をしたら、インフルエンザにかかることはないと思っている方が多いですが、ふつうにかかります

「高熱」といった症状がなく、放置して直ってしまうケースもある

"思い込み"が発見を遅らせてしまうケースも

風邪薬に関しては初期症状の熱や頭痛といった症状を緩和させる事が出来ますが、ウィルスそのものには役には立たない

高齢者の場合は免疫力が低下しているために、そもそも熱が出なくて戦う事が出来ない場合がある

ただ、発覚した時は症状がかなり重い

インフルエンザだ!と気付いた時には時すでに遅し…ウイルスが増殖しているため抑制する薬の効果も薄い

A型よりも、ウィルスが完全に死滅するまでの潜伏期間が長いため、治ったと思ってしまい外出して感染を拡大させてしまう

病院などの待合室でも呼びかけられているように、マスク着用であったり他のお客様への配慮を呼び掛けているタクシー会社もある

タクシーは道路運送法で、「一類感染症、二類感染症又は指定感染症の患者とみなされる場合、運送の引受けを拒絶することができる」と定められている

タクシーから感染が広がることもあるそう

「隠れインフル」を判断する方法

関節痛・筋肉痛は動かしたら感じる痛みというよりも、じっとしていても持続的に感じる鈍い痛みが出る

例え熱がなくても病院へ行けば、インフルエンザの診察、検査をしてくれて『ウィルスと抗体』によってインフルエンザかも判断する事が出来る

1日1~2杯緑茶を飲むとインフルエンザの発症率が38%、1日3~5杯の緑茶を飲むと46%減少する

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE