旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

あれ?何かがおかしい…。シュールな画家『ルネ・マグリット』に酔いしれたい!

   


醒めた画家

経歴【1898年~1967年】ベルギー出身、シュール・レアリスムを代表する画家。

私たちは、日常的にも「シュールな世界」といった表現をよく使いますが、マグリットの絵は正にその類の作品と言えるでしょう

マグリットは「自分らしさ」や「個性」からもっとも程遠いシュルレアリストである。

すべてのシュルレアリストのなかで最も醒めた、最も冷静な批評的精神の持ち主

そもそもシュルレアリスムって何?

芸術の形態、主張の一つ。絵画においては、無意識の世界を表現するもの、ありえない組み合わせで不条理な世界を表現するものなどを主にさす。

マグリットは自身の絵を「目に見える思考」であり、世界が本来持っている不思議をイメージとして提示したもの、と表現している。

不思議な違和感

絵画の鑑賞と言うよりも、既成概念の引っ剥がし

マグリットの作品に度々出てくる「顔のない人物」。

そうそう忘れられないであろうインパクトを持っている絵

顔を布で覆われている二人。

マグリットが、人物の顔を隠した絵をよく描いているのは、心の奥底にあるもののせいだともいわれる。

マグリットがまだ幼い頃、母親が自殺するというショッキングな事件が起こる。彼の絵の「死」を連想させるどこか暗いイメージは、この悲しき一件に由来しているのではないかと言われている。

ルネ・マグリットは絵の説明を求められてもすることはなかったという

現実のイメージをできるだけそれと分かるように描き、しかも画面の中には見る者をはっとさせるような罠を仕組むのがマグリットの一つの作風といえる。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE