旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

茶髪でもOK!名門「麻布学園」の教育方針が勉強になる

   


この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考に作成しています。

■何かと話題になっている校則問題

富山県立水橋高(富山市)で平成29年4月以降、頭髪に関する校則の基準を満たすためとして、教員6人が生徒の男女44人の髪を切っていたことが9日、県教委や同校への取材で分かった

同校の校長は「あってはならない指導」と、9日朝の全校集会で謝罪。今後の指導方法を見直すことを示している。

男女とも前髪は眉にかからない程度、男子の側頭部は耳にかからない程度、女子の長髪はゴムで留めるなどと定めており、毎月、全ての生徒の頭髪を検査していた

「地毛証明」に関わる一連の報道では、高校での調査結果を報じた記事や社説にも学校の対応を批判する意見がツイッターで多く寄せられた

学校の姿勢を疑問視する意見があった。別の人は「管理されやすい大人を製造する教育制度」「(学校が決めるのではなく)自分で決めさせればいい」と批判した。

韓国でも厳しい寒さの日が続いており、ソウル市内の女子高校に通う生徒から「ジャージのズボンで登校したいが禁止されている。

臨機応変でいいと思うけど…。

■そんな中、校則のない「麻布学園」の教育方針が注目されている

標準服と称した制服があるが着用する機会は少なく、校則がほぼない校風が特徴である。

文化祭・体育祭の多額の予算を生徒だけで管理する自治の文化、金髪はおろか七色に髪を染めても何も言われないいささか自由すぎる校風。

いわゆる有名校で圧倒的に羨ましいなぁと感じるのは麻布。自由すぎる。まぁ国語の回答用紙みたらだいたい校風というか締め付け度は分かるよね。

麻布の校風が1番好きだな。

茶髪も私服もOK、校則のない「麻布学園」校長が語る「自由」を育てることの大切さ(弁護士ドットコム) –headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-…

@Tomoyamx 麻布は校風が自由すぎるのでダレるのは仕方ないかなあとま。自頭がいいから多少の勉強でなんとかなるでしょうね。

麻布か……あの自由すぎる超進学校じゃねえか

■麻布学園といえば言わずと知れた名門

麻布学園と言えば、開成、武蔵と並んで中学受験の御三家と称され、戦後に新学制に移行してから50年以上も東大合格者数のトップ10から一度も外れたことのない唯一の学校

毎年、東京大学に多数の合格者を輩出している名門私立・麻布学園。開成、武蔵と並ぶ御三家と称され、100年以上の歴史を持つ男子校

今年の東大合格者数では開成が161名、麻布が79名。同じ東京に位置し、中学入試が同日の2月1日に行われるうえ難易度はほぼ同程度。

OBには、橋本龍太郎元首相、福田康夫元首相をはじめ、谷垣禎一衆議院議員、平沼赳夫衆議院議員、与謝野馨元衆議院議員など

最近の麻布官僚といえば前川氏だ。加計学園の獣医学部新設問題で、「行政がゆがめられた」と明かした異色の官僚

芸術方面では、ジャズピアニストの「山下洋輔」脚本家の「倉本聰」漫画家の「黒田硫黄」。そういえば日本テレビの看板アナウンサーである「桝太一」もその1人

■自由であるからこそ「自ら学ぶ」ことができる

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE