旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

所在不明の子どもは全国で28人…厚生労働省の調査に色々な声が出ている

   


○所在不明児が28人いることが分かった

住民票の住所地に住んでいる実態がないなど所在不明児(18歳未満)が6月1日時点で11都県に28人いることが29日、厚生労働省の調査で分かった。

自治体が居場所を把握できていない子どもが全国で28人いることがわかり、厚生労働省は「深刻な虐待を受けているおそれがある」として、所在の確認を急いでいます。

○自治体を通じて18歳未満の子どもの所在を調査

毎年、自治体を通じて18歳未満の子どもの所在を調査しています。

○28人は確認できなかった

今回の調査を開始した昨年6月1日時点では、1630人の所在が確認できていなかった。

今年6月までに、1602人(98.3%)は家庭訪問や海外への出国記録などを通じて所在を確認できたが、28人は確認できなかった。

○都道府県別では兵庫の7人が最多

都道府県ごとの内訳は最も多かったのが兵庫で7人、次いで熊本で5人、東京で4人などとなっています。

都道府県別では兵庫の7人が最多で、熊本(5人)や東京(4人)が続いた。

内訳は未就学児が17人、小学生が3人、中学生が5人、義務教育を終えた子供が3人。

○虐待の疑いがあり、一時保護を行ったケースも

57人は虐待の疑いがあり、一時保護を行ったケースもあったという。

計11人が2016年4月の前回調査でも所在不明で、このうち6人は14年10月の初調査から所在が分からないまま。

残る28人(男15人、女13人)は所在不明で、うち3人は就学させていないなど虐待の可能性がある。

○このニュースはネットでも話題になっています

お昼のニュース…6月1日時点で行方不明の子供が28人いるのだと…虐待や犯罪の疑いもあり捜索を急いで欲しいものです。

全国で所在不明の子どもが28人もいるのか?普通に暮らせてるキミらはまだマシなんかもね

所在が分からない子供が28人…どうなっているのかね…この国には法律も何もないんじゃないのかねwww

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE