旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

信じられない!不思議なトリックアート・だまし絵色々まとめて紹介

   


トリックアート・だまし絵とは?

トロンプ・ルイユ(Trompe-l'œil、騙し絵)とはシュルレアリスムにおいてよく用いられた手法・技法である。フランス語で「眼を騙す」を意味し、トロンプイユと表記されることもある。今日では解りやすく「トリックアート」と呼ばれる事も多い。

トンネルの突き当たりに実在しない風景を描いた。

オリンピコ劇場(Teatro Olimpico,1585年完成, イタリア、ヴィチェンツァ)の舞台装置。門の奥に傾斜のついた先細りの通路を配し、実際の長さ以上に遠近感を演出している。

Andrea Pozzoによる教会(オリンピコ劇場Jesuit Church, オーストリア、ウィーン)の天井画。ドーム型に見える凹みは、遠近法とアナモルフォーシスを用いて天井の平面に描かれたもの。

Andrea Pozzoによる上記と同様の天井画(Sant'Ignazio, イタリア、ローマ)を真下から見たところ。

額縁まで手描きし、人物が絵の中から飛び出してくるように見える。「非難からの逃走」 Pere Borrell del Caso,1874年

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE