旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

戦後日本の具象彫刻を牽引 平和を希求した彫刻家 本郷新 Shin HONGO 作品集

   


《本郷新氏について》

戦後日本の具象彫刻を牽引した彫刻家
1905年12月9日 北海道札幌区(現札幌市)生まれ
1928年より高村光太郎に師事
1939年、山内壮夫、柳原義達、佐藤忠良、舟越保武らと新制作派協会(現新制作協会)彫刻部を創設
息子は俳優の本郷淳、孫も俳優の本郷弦

《本郷新の作品》

制作 1948年 油彩
本郷新は佐藤忠良の兄貴分的存在。
日本の彫刻界を牽引していく同士として、友人として深い親交が生涯続きました。

本郷の木彫を収蔵している友人が、火事のため作品を焦がしてしまったことがありました。焼け焦げた作品を見た本郷が、これに着想を得て実験的に試みたのかもしれません。(本郷新記念館 札幌彫刻美術館 WEBサイトより引用 http://www.hongoshin-smos.jp/sculpture/wood/index.html )

札幌オリンピックで、世界の人々を迎えた彫刻
オリンピック開催時に選手が行進した五輪大橋・小橋には、本郷新を含め、北海道にゆかりの作家4人(山内壮夫、本田明二、佐藤忠良)の作品が設置された

本郷新@世田谷美術館。佐藤忠良の兄貴分的な存在で、佐藤、舟越らと共に、新制作協会を立ち上げた。本郷新記念札幌彫刻美術館には、氏の作品1800点余りが収蔵されている。ちなみに1984年以降隔年で、彫刻の振興のため本郷新賞を授与している。 pic.twitter.com/d2TLrwFESL

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE