旬速

今旬の話題の総合まとめブログ

【伝統文化】壊れた陶磁器が美しく蘇る!…日本古来の技術「金継ぎ」が色々と興味深い

   


「モッタイナイ」精神が新たな美を生む…「金継ぎ」についてまとめてみた

・日本の陶磁器は美しい。しかし時に陶磁器も破損してしまう。しかしモノを大切にする文化が根強い日本において、破損した陶磁器を安易に捨てるという発想は生まれない。壊れてしまった陶磁器を修復する際に、新たな美を作り出す日本独自の修復技法が生み出された。日本古来の技術「金継ぎ」についてまとめました。

破損してしまった大切な器を漆で接着し、繋ぎ目を金や銀で表情をつけ、再生させる「金 継ぎ」。

金継ぎとは、割れたり欠けたりした焼きものを漆で接着し、繕った部分を金を装飾していく修理方法のことです。

・近年は漆の代わりに接着剤を用いる事もあるが、金などで装飾を施すことには代わりは無い。

新たな美を作り出す日本独自の修復技法

金継ぎは、陶磁器の破損部分を天然の接着剤である漆を用いて接着

・ただ、単にこれだけでは接着部分が目立ってしまう。

単に 直すだけではなく 傷の部分を 漆で継ぎ 金で まき絵を施し飾る 型破りな技法。

漆で接着すると継いだ部分に黒い漆の跡が残るので、それを隠すために金粉や銀分を使い、割れたマイナス部分に新たな美を作り出します。

「金継ぎ」により、修繕前よりも価値が高まるという考え方もある

割れた器を修復するだけでなく、以前よりも価値のある味わい深いものにしてくれる金継ぎ

また 金継ぎは 元あった形に修繕するだけでなく 修繕前よりも 価値を高めるものでもあります。

金継ぎは 昔から縁起物として 「一度ついたら離れない」 という理由から
 嫁入り道具には かかせないご祝儀道具となっていました。 漆には 強力な接着力があります。

・もはや「縁起物」扱い。破損する前よりも価値があるものとして認識されてる!

一旦壊れたものから新たな美を生み出す…そこから見えてくる、日本人と外国人との価値観の違いとは

欧米の一般的な認識では、物が壊れるとその価値も失われるとされている。

海外にも破損した陶磁器を修復する文化や技法があるようですが、
海外の場合は、破損前の状態に出来るだけ近づけることが目的

それは元あった形に 「戻す」 手法であるのが特徴です。

・つまり、新しい形を作るのではなく、原型に戻してこそ「修繕」だと見做すのが西洋の考え方。

世界的に見ると日本人の美意識はかなり独特

・独特ゆえに、尊重されるべき価値観でもあるといえよう。

金継ぎの技には、買い換えるのではなく、畏怖し、大切に思い、修復する哲学が込められている。一度壊れて、その割れ目を金で埋められた器は、それ自身の歴史の証だ。

傷跡って普通は隠されてしまうものだけど、
日本人はそれすら愛そうとする

・日本人らしい繊細な文化の象徴。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE